協議会規約

名称

第一条
本会は「ナハ・シー・パラダイス協議会」(以下「協議会」という。)と称する

目的

第二条
当該協議会は、那覇港及び隣接地区(ウォーターフロント)の利活用を促し、賑わいや活性化を図る活動を行うため、那覇港ウォーターフロント民間活動団体「ナハ・シー・パラダイス・ネットワーク」(以下「NSPN」という。)と那覇港管理組合が連携し、地域による「沖縄(那覇港)の魅力(自然・文化・人)」と「魅力の発信」、「人・物・文化の交流」により、琉球王国時代におけるかつての港の賑わい再生・創出し、那覇港の発展と地域の振興に寄与することを目的とする。

活動

第三条
当該協議会は、前条の目的を遂行するために、次の活動を行う。
(1)那覇港管理組合や関係機関、港湾施設使用企業、隣接地域自治会、隣接地域関係者、商業・観光関連団体等との連携促進を図ることに関する活動。
(2)那覇港ウォーターフロントの活性化を図る企画等の検討・実施に関する活動。
(3)その他前条の目的を達成するために必要な活動。

会員

第四条
当該協議会の会員は港湾施設使用企業関係者、隣接地関係者、商業・観光関連団体関係者及び那覇港管理組合の会員をもって構成する。
その他、会員の脱会、加入については、全体会議の議を経て行う。

役員

第五条
当該協議会の次の役員を置く。
(1)代表1名
(2)副代表2名

役員の選任

第六条
役員は全体会議において互選し、任期は那覇港ウォーターフロント民間活動団体NSPNがNPO法人として設立されるまでとする。

役員の職務

第七条
代表は、この団体を代表し、その業務を総理する。
副代表は、代表を補佐し、代表に事故があるとき、又は代表が欠けたときには代表があらかじめ指名した順序によって、その職務を代行する。

全体会議

第八条
全体会議は、代表が必要に応じて会員を収集し開催する。
全体会議は、次のことについて、代表が議長を務め協議する。
(1)会員及び関係団体との連携を図るための活動内容の検討
(2)那覇港ウォーターフロント活性化に関する活動内容の検討
(3)その他、団体の発展等に関する事項の検討等

議決

第九条
全体会議は会員の過半数の出席をもって成立する。
全体会議における議決は、出席した会員の過半数をもって決し、可否同数の場合は代表の決するところによる。

第十条
当該協議会は、那覇港ウォーターフロント民間活動団体NSPNがNPO法人として設立された時点で発展的に解散する。

事務局

第十一条
当該協議会の事務を処理するために、那覇港管理組合計画課に事務局をおく。

付則

1
この規約は、平成21年4月2日から施行する。